休眠預金等活用制度に基づく「福岡の明日を創る!子どもの居場所・出番をつくる推進協議会」の開催

 この度、当財団は福岡県で初めて休眠預金等活用法に基づく資金分配団体(新型コロナウイルス対応支援助成)に採択され、「福岡子ども若者、困窮者応援笑顔創造事業」を実施しています。

 今年4月~5月に実施した公募により民間公益活動を行う6団体(実行団体)を選定し、7月より本格的に事業が開始されています。

 事業開始に当たり、実行団体の活動に助言を行うために設置した「福岡の明日を創る!子どもの居場所・出番をつくる推進協議会」(以下「本協議会」)を開催し、実行団体間における情報の共有と専門家である協議会委員からの助言を行いました。

 出席委員からは、事業終了後を見据えた活動についての助言や実行団体の活動について参考となる事例の紹介等がなされ、実行団体間でも協働についての質問等が交わされました。
 本協議会は実行団体の活動に対する助言等を行い、事業趣旨に沿った活動が行われるようサポートして参ります。
20210720協議会開催.jpg
※画像は個人情報に配慮して加工しています。

(2021.7.20)