『私は創造的でありたい』 米国Apple社が認めた83歳のアプリ開発者 若宮 正子氏 講演(第8回遠賀町起業支援セミナー)

IMG_0311s.jpg

「何かをはじめるのに、80歳は遅すぎではない」と語る若宮氏は、
定年直前の60歳でパソコンを買い、入門書などは無視して独習し「自分のやりたいこと」だけに使ったそうです。

「シニアが楽しめるアプリを開発したい」と、81歳となる2016年秋から、iPhoneアプリの開発を始め、翌年2月にゲームアプリ「hinadan」をリリース。

2017年6月には米国Apple社による世界開発者会議「WWDC 2017」に特別招待され、ティム・クックCEOから最高齢プログラマーとして紹介され、一躍注目の人となりました。

また、価値あるアイデアの拡散と共有をテーマとするスピーチフォーラムとして世界的に知られている「TEDTalks(テッドトーク)」でも講演され、その動画は世界中で視聴されました。

「私は創造的でありたい―――創造することこそ、人工知能にはできない、最も人間的な活動と思うから。」

「有り余っているものは好奇心、足りないものは時間。」

と瞳をキラキラと輝かせて語られる若宮氏のお話しと行動は、シニアの方はもちろん、老若男女すべての人に勇気と希望を与え続けています。

このまたとない機会、皆様のご参加をお待ちしています!

---------------------------------------------------------------------
◆ 日時:9月2日(日) 10:00~12:00(受付開始 9:30~)

◆ プログラム
1.主催者挨拶 10:00~10:10
基調講演 10:10~11:20(70分)
演題:『私は創造的でありたい』
講師:若宮 正子 (Masako Wakamiya)

【講師プロフィール】 
1935年東京生まれ。1994年三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)退職。
1999年にシニア世代のサイト「メロウ倶楽部」の創設に参画し、戦中戦後を生きた人々の貴重な生の証言をデータベース化する「メロウ伝承館」を担当。このプロジェクトが国連情報社会世界サミット大賞日本大会で最優秀賞を受賞。10年前に高齢者向けPC活用術として考案した「ExcelでArtを」はマイクロソフトから絶賛され、同社の公式コミュニティーの記事として寄稿されている。2017年9月からは「人づくり革命」の具体策を検討する「人生100年時代構想会議」の最年長有識者議員に就任。2018年2月にはニューヨーク国連本部における国連社会開発委員会で「高齢者にとってのICT(情報通信技術)リテラシーの重要性」についての基調講演を行う。通称「マーチャン」。
著書に「60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります」(新潮社)、「花のパソコン道」 (株式会社インプレス) 、「明日のために、心にたくさん木を育てましょう」(ぴあ株式会社)


bookcover.jpg
「60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります」若宮 正子著(新潮社刊)

TEDTalks(テッドトーク)
"Now it is time to get your own wings"  若宮 正子 at TEDxTokyo 2014
https://www.youtube.com/watch?v=3aP3IZbefkw

若宮氏開発のアプリ 
hinadan
https://itunes.apple.com/jp/app/hinadan/id1199778491?l=en&mt=8

2.質疑応答・交流 11:20~12:00(40分)

-------------------------------------------------------------------

◆場所:遠賀町中央公民館(JR遠賀川駅下車徒歩12分)

◆参加料:無料

◆募集人数:50名(先着順で予約受付、定員になり次第しめきります。)

◆申込方法:下記ホームページ申込フォームより、
https://pipit-onga.jp/2018/09/-apple83.html
もしくは、
PIPITへメール、電話等でお申し込みください。

◆託児申込締切日:8月24日(金)17時までにお申し込みください。


≪申込・お問い合せ先≫ 
【遠賀町起業支援施設PIPIT(ピピット)】

福岡県遠賀郡遠賀町遠賀川一丁目6番5号  TEL:093-293-2616  FAX:093-293-8234 

Mail:info@pipit-onga.jp URL : https://pipit-onga.jp

『私は創造的でありたい』 米国Apple社が認めた83歳のアプリ開発者 若宮 正子氏 講演(第8回遠賀町起業支援セミナー)